いざ転職したいなと思った時、資格を持っていないばかりにその職種につけない場合もありますので、いつかは就活を始めようと思っているならば、転職活動を始める前に資格を取得しておきましょう。

 

医療事務

 女性に大人気の資格である医療事務は、民間の資格ではありますが、正社員雇用や派遣社員など働き方に幅が出せますし、医療現場には必ず必要となる資格です。主な仕事は、医療費の管理や受診内容の管理等、医療現場のサポート的な役割をこなせる資格です。

 

社会保険労務士

 企業の各種保険の管理や書類・手続き関係の処理、就業規則、賃金台帳の作成は、社会保険労務士にしか作成できない独占業務ですが、まだ資格取得者が少ないためこれから期待できる資格のひとつです。

 

葬祭ディレクター

 葬儀関係の仕事に就くのなら、持っておくと就職に有利になる資格です。冠婚葬祭でのマナーや知識・技術などを2級〜1級までにランク付けした資格ですが、高齢化社会のなかでは葬儀も多くなりますので、これからの転職には役立つ資格です。

 

インテリアコーディネーター

 女性に人気のある資格ですが、この資格を取得することで、照明やインテリア、家具やカーテンなどのコーディネートや、お客様が抱えている住まいの悩みやインテリアの配置など、生活スタイルのお悩みを解決できます。インテリアショップや住宅メーカー、工務店などに需要があります。

 

介護職員初任者研修

 ホームヘルパー2級資格が改定され、現在では介護職員初任者研修と呼ばれています。介護業界への転職を目指す場合には、最短では1ヶ月程度で取得できますので、取っておきたい資格です。基本的な介護の概念や技術を習得できます。最近ではこの資格を就労の必須条件に挙げている施設も多いので、取得しておくと便利です。