警戒される立場

 既婚女性の転職状況は、正直なところあまり芳しくはありません。やはり、「すぐに子供が出来て退職するのでは?」「突然の退職の可能性がある」など、失礼な言い回しですが採用側としては最も警戒されてしまう立場なのです。

 

 子供を軽視するような企業なんて・・・と、つい思ってしまいますが、採用側も切実な問題であるという点も否定出来ないのです。企業は人材に対して「長く根付いてくれる」事を求めています。よって、既婚女性はそれに相反する存在として認識されているのです。

 

 男女雇用機会均等法から逸脱した思考ですが、現に採用率は男性が遙かに上回っているのが現実であり、それが企業側の回答となっています。

 

働きたいという意志

 よって、働きたい既婚女性は「働きたい!」という意志を強く持って面接に望まなければなりません。決して、妊娠後や育児関連の制度ばかりを聞くような真似をしてはいけません。それを行う事により、前の職場で不満があった制度目的の転職と捉えられかねません。

 

 現実問題、面接にやってきた「誰よりも」不利である事を認識して、それを覆してやるという気概が既婚女性には必要なのです。しかし、その思いが通じれば採用は目の前でしょう。

 

 中には、既婚女性を積極的に採用する良心的な企業もあります。そういう企業への転職も考えてみるのも有りです。その手の企業は当然ながら、既婚女性に関連する制度も充実しており、小さなお子様が居る場合にありがちな、色々な出来事にも対処出来る柔軟性もあります。

 

 既婚女性「なので」諦めるのではなく、既婚女性「だからこそ」しっかり働ける環境を望むという事を、企業側はそろそろ理解しなければなりません。