重要視される順番

 転職しようとする先へ、応募の為に履歴書を送る場合に多くの方が気になる部分があります。それは、企業側が「どこを重視するのか」です。これに関しては、ネット等で何処にでも謳われているのですが、やはりその職種に関する「経験」が最も重視される部分でしょう。

 

 別の業種への転職であっても「経験」は見られる部分であり、当然同じ職種であればかなり重視されます。この理由はただ一つ「即戦力となるか」どうかです。経験があると言うことは、それだけ戦力として期待出来るという考えが企業側にはあり、そこを積極的に求めてくるのです。

 

 その他の項目となると、「スキル」「年齢」の順となります。簡単に言えば、その業種の経験と能力がある若者を求めているのです。

 

自分が有利な状況

 転職には様々なやりとりがあります。その中でも「面接」は、非常に緊張する重圧の掛かるものです。しかしよく考えて下さい。あなたが、その転職先の仕事に関する経験や能力を兼ね備え、加えて年齢が若かったら・・・?

 

 もはや言わなくても分かると思いますが、そこがはっきりしていればあなたは緊張も重圧も掛かる必要がないのです。そうです。あなたは「転職先が喉から手が出る程欲しい人材」なのです。

 

 面接で緊張や重圧が掛かる方は、まずそこに着目しましょう。自然とそれらから解放される事間違いなしです。自分と相手の状況を良く考えて、むしろ自分が有利な立場である事を理解する事が出来れば、その転職はおのずと成功する事でしょう。余計な緊張や重圧は、かえって転職に不利になります。